2013年10月15日

妊娠初期に必要な栄養として|葉酸をお勧めします!

何かと最近話題になっている葉酸という栄養素。
葉酸は『ようさん』と読みます。字の通り、葉物から取ることができる栄養素、ビタミンの一種らしいです。
ビタミンというと、ビタミンA、ビタミンBなどが良く知られており、豚肉などにたくさん入っているということは私も知っています。実は、葉酸なんていう言葉は初めて聞きました。

初めて聞いた言葉ということで、いろいろとネットで検索してみました。
どうやら葉酸というのは、人体にとってとっても大切なビタミンのひとつであるということがわかりました。
更に更に、実はこの葉酸というビタミン、体の中で減ってくると、いろいろな体の不調を訴える人が多いというではありませんか。

主に貧血や食欲不振、口内炎、下痢や、顔色が悪くなるなど、さまざまな症状を引き起こすようです。
特にひどいのは貧血で、DNAの合成障害が原因で起きる貧血『巨赤芽球性貧血』を引き起こす可能性があるといわれています。
巨赤芽球性貧血というのは、正常であれば赤血球に変わってくれるはずの赤芽球が作られずに、異常な巨赤芽球が生み出されるために起こる悪性貧血のことだそうです。
この悪性貧血を防止するには、体内で不足してしまったビタミンB12、あるいは葉酸を摂取することでしか解消できないといわれています。

そこで注目してほしいのが『悪性貧血』という単語です。
通常の成人の人には滅多に起きることがない貧血ですが、稀に健康な人でも起こしやすくなることがあります。
そう、妊娠時です。
特に妊娠初期から安定期、出産後など、鉄分不足による貧血を起こしやすくなります。
産婦人科のお医者様に、体重制限と共に鉄分やビタミンをたくさん取るように、と言われたことはありませんか?
大切な赤ちゃんへの栄養を、お母さんの体から送り届ける、そのためにお母さんの体は貧血になりやすい体になってしまうのです。

では、貧血を抑えるためにはどうすればいいのか。
ここで、葉酸の登場です。
先にも書いたとおり、この葉酸という成分が体内から減ってしまうと、貧血などの症状を起こしやすくなる、と書きました。
まさに、貧血状態のお母さんの体は、葉酸不足に陥ってるということなのです。

通常葉酸の一日の必要量は、成人の男女で200μg(0.2mg)といわれています。
ところが、これが妊婦を対象とすると2倍となる400μg(0.4mg)必要とされるのです。
0.4mgというとそれほどの量ではないと感じますが、これはグリーンアスパラガスを200g摂取してなんとか体内に取り込める分量となります。
しかも、水に溶け出しやすく、加熱すると失われやすく、また、直射日光などにも弱い葉酸という成分ですので、なかなか妊娠時には摂取しにくい成分と考えられています。

そのため最近では簡単に妊婦さんでも葉酸を摂取できるように、サプリメントとして販売されるようになりました。
大切な赤ちゃんのため、そして、その赤ちゃんを守るお母さんを守るために、葉酸の摂取を心がけていきたいものですね。
posted by プロレコ at 21:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

葉酸というサプリは本当に安全なのか?|葉酸は人体に必要な栄養素のひとつです。

最近良く聞く、『葉酸』という言葉。みなさんは葉酸とは何か知っていますか?
葉酸は、ほうれん草から抽出された栄養素で、植物などに多く含まれているビタミンの一種なのですが、ビタミンAやビタミンBなどのの陰に隠れてあまり知られていないかと思います。

みなさんが知っているビタミンというのは、人体を正常に働かせるために欠かすことができない栄養素のひとつです。中でも、この葉酸を含むビタミンB群は水溶性ビタミンに分けられ、いろいろな酵素などと一緒に食物分解の補助を行ってくれます。
また、余分な成分を燃焼させ、運動に欠かせないエネルギーを作ってくれているのです。
他のたんぱく質や炭水化物に比べると体に必要な量はごく微量ではありますが、これが不足してしまうと体にさまざまな不調を起こすことがあります。

では、もしも体の中の葉酸が不足するといったいどうなってしまうのでしょうか。
実は、体内の葉酸が著しく減ってしまうと、貧血や食欲不振、口内炎、下痢や、顔色が悪くなるなどの症状が現れるのです。
とくに貧血は重度の場合が多く、『巨赤芽球性貧血』を起こす可能性が極めて高いといいます。

巨赤芽球性貧血とは、DNAの合成障害が原因で起きる貧血のことで、正常であれば赤血球に変わってくれるはずの赤芽球が作られずに、異常な巨赤芽球が生み出されるために起こる悪性貧血です。
この悪性貧血を防止するには、体内で不足してしまったビタミンB12、あるいは葉酸を摂取することでしか解消できないといわれています。

これだけ大切な栄養素の葉酸ですが、逆に必要摂取量よりも多く摂取する、過剰摂取の影響についてはどうでしょうか。
こちらについては、先ほども記載しましたが、葉酸というのは水溶性ビタミンのひとつであります。
水溶性ビタミンは、必要摂取量よりも多く摂取すると、腎臓から尿の中に排出され、対外へ放出されるので人体にはほぼ影響はないと考えられています。

不足すると人体に悪影響が、かといって多く摂取しても人体には影響は無し。
それならば、気軽に摂取できて、体に良い栄養を取得していきたいものです。

それでは、一日にどのくらいの葉酸を摂取すれば、快適に暮らしていけるのでしょうか。
成人の男女では、一日に1日200μg(0.2mg)ほどの摂取で構いません。
一般で売られているスポイトからの水滴は約0.5mgほどですので、ほんのわずかな量で構わないということがわかります。

普段の生活で、どのようにしたら体内に葉酸を取り込むことができるのか。
実は、通常の食生活で簡単に摂取できることがわかります。
例えば、鳥、牛、豚などのレバー、また、ほうれん草やブロッコリー、グリーンアスパラガスといった、緑黄色野菜、それにひよこ豆、枝豆、納豆などの豆類。
更には、ライチやイチゴ、アボカド、マンゴーなどのフルーツなどに含まれています。

ただ、葉酸というものは水に溶けやすく、加熱すると失われやすいとされており、フルーツや野菜で摂取する際には、なるべく新鮮な生の状態で口にすると良いとされています。
また光や直射日光にも弱いため、保存にも気を使うことがあります。
確実に摂取したいのであれば、サプリを使用して体内に取り込むのが一番の方法かもしれません。
posted by プロレコ at 21:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。